• プラセンタ注射の特徴と美容効果

    プラセンタ注射は出産時に母体で形成される胎盤の有効エキスを薬剤にしたもので、認可を正式にうけており美容目的の場合自由診療で施術をうけることができます。



    医療機関でのみ取扱いが許可されているプラセンタ注射には筋肉注射と静脈注射の2種類がありますが、どちらにしても消化器官を通さない分栄養素が損なわれることなく、血中に効率的に取り込まれるのがメリットです。

    プラセンタやヒアルロン酸など美肌に必要な栄養素を豊富に含んでいるだけでなく、身体のダメージを修復する成長因子が含まれていることが最大の特徴で、免疫機能をサポートし自律神経を正常化します。


    プラセンタ注射は顔だけでなく全身のアンチエイジングに有効で、抗炎症作用もあるので肌トラブルの緩和にも役立ちます。

    教えて!gooがオススメです。

    一度うつとプラセンタ注射は2、3日は血管の中で作用し続けるので大体1週間に2度ほどのペースでうち続けるのが効果の維持のためには理想です。

    有効成分は体内でエストロゲンと似た働きをするため女性ホルモンが安定し、その効果は更年期障害の治療として利用されている程高く、基礎代謝を向上させ肌のコラーゲンを修復します。



    化学合成された薬剤と異なり、人体に備わっている成分を生かしたプラセンタは体への負担も少なく、無理のない範囲で本来自分のもつ自然治癒力を活性化します。市販されいるサプリと異なりプラセンタ注射に使用される胎盤エキスはヒト由来のもののみで安全性に優れています。